パーカーボールペン特集ページ|名入れボールペン専門店【イーペン.JP】

パーカー名入れボールペン 

理想的な万年筆の開発がパーカーのはじまり

19世紀末、万年筆の基本型はほぼ完成していたものの、書きやすさや使い勝手などまだ満足できる水準ではなかった。アメリカ・ジェーンズビルで電信技士をしていたジョージ・サッフィード・パーカーは、理想的な万年筆の開発を夢見ていた。そして試行錯誤の末、画期的なインク供給機構の開発を成功させた。それは、これまでに大きな問題となっていたインク漏れや、インクづまりなどのトラブルを無くすインク供給システムの発明だった。

パーカーの創設者ジョージ・S・パーカー

パーカー創設者
ジョージ・S・パーカー

 

1888年世界で最も愛されるペンの誕生

1888年「ラッキー・カーブ・ペン」と名づけられた万年筆を販売したことがパーカーのはじまりである。1892年には共同出資者とともにパーカー・ペン・カンパニーを設立し、筆記具メーカーとしての一歩を踏み出した。現在、英国と仏国に工場を置くパーカーは、最新の技術を取り入れ、美しいスタイリング、使いやすさ、そして耐久性など高い評価を常に獲得してきた。時代を常にリードし、歴史に残るセンセーショナルな筆記具を生み出してきたパーカー。その歴史は"世界で最も愛されるペン - The World's most Wanted Pen - "のキャッチフレーズにふさわしい数々の名品に彩られている。